医療法人協治会

ごあいさつ

「利用者とその家族皆様の福祉の向上」をめざして!!

杠葉病院は、大正 13 年、長崎県下初の民間精神科病院として創設されて以来、長い歴史と伝統を持った精神科病院であります。創設当初より「親切と誠意を持って、利用者やご家族の皆様のためにお世話をする」をモットーに、「利用者様本位の医療と看護」の基本理念に立ち、精神科医療サービスの提供に努めてまいりました。
この間、精神科医療も著しく進歩を遂げ、また変化を求められてきました。その中で医療や社会のニーズ、当事者自身のニーズもまた大きく変化を遂げてきています。精神科病院に求められるニーズも今後更なる多様化、専門性を求められてくる事は否めません。
私どもは当院の長い歴史の伝統と理念を受け継ぎながらも、その時代のニーズに応えるべく、その理念を具現化するとともに専門性を活かしながら、専門医療機関としての役割を果たし、地域との交流を深め、利用者様やご家族の皆様、そして地域の皆様から親しまれ、温もりのある、信頼される専門医療機関を目指してまいります。

医療法人 協治会 杠葉病院

会長兼副理事長杠葉輝明

基本方針

1
人間としての尊厳と生活の質を重視した
全人的なケアの提供
2
地域社会との連携を目指した
医療・看護サービスの提供
3
職員の専門知識の向上による
医療・看護の充実

医療法人協治会について

協治会
協治会
協治会
協治会
協治会
協治会
協治会
協治会
協治会
協治会

医療法人協治会は、大正13年、長崎県下初の民間精神科病院、長崎脳神経病院(現:杠葉病院)を創設しました。
平成17年に、明治の貿易商シグマンド・デービッド・レスナー旧邸宅(長崎市南山手町)にゆずりはクリニックを開設しました。その後、ゆずりはクリニックは「ゆずクリニック」として長崎市鍛冶屋町に移転し、南山手町の旧邸宅は現在、医療法人協治会本部として使われています。