入院のご案内

入院される方へ

入院される方へ

入院される患者様の心身の健康の回復のために、様々な職種のスタッフが治療と支援にあたります。入院されますと、病棟での療養を中心にして、医師による精神療法・薬物療法、心理療法、作業療法など患者様にとってより良い医療を提供させていただけるように、全スタッフ一 同が協力して取り組んでまいります。
皆様のより良い快適な療養のためにいくつか約束事がございますので、ご説明させていただきます。

入院時に用意していただくもの

  • ①日用品

    ちり紙、ティッシュペーパー、コップ(プラスチック製)、タオル、バスタオル、生理用品、化粧品(化粧水等はガラス製のもの以外)、電気カミソリ(充電式)、洗面用具(歯ブラシ、歯みがき粉、石けん、石けん箱、シャンプー、ボディーソープ等)
  • ②衣類

    普段着(ジャージ等を含む)、下着上下、靴下、パジャマ等 ※普段着や下着については4~5組はご用意ください。また季節ごとに衣替えをお願いします(夏と冬2回)。※洗濯による縮み、変色などは補償いたしかねますのでご了承ください。
  • ③履物

    上履き(できれば履きやすく、すべりにくいもの)、靴(運動用)
  • ※私物、衣類などには、名前の記入をご家族の方でお願いいたします。
  • ※入院が長くなりますと、荷物が増えることもあるかと思いますが、病室内の荷物は必要最小限として、お持ち帰りいただきますようお願いいたします。

桜花病棟にご入院される場合

上記の一部がリース扱いとなりますので、必ずお小遣いをお預かりさせていただきます。また、桜花病棟に入院される方でおむつを必要とされる場合は、病院指定の商品を購入いただくシステムになっておりますので、おむつの持ち込みはできません。

持ち込み禁止のもの

  • ①刃物類

    カミソリ、ナイフ、はさみ、爪きり、缶きり、針等。
  • ②発火器具

    ライター、マッチ等。
  • ③現金

    入院時にお持ちの分は事務所にてお預かりいたします。
  • ④酒類、薬物類

  • ⑤生もの、要冷蔵食品(食中毒防止のため)

  • ⑥カメラ、録音可のテープ(入院患者のプライバシー保護のため)

  • ⑦貴重品

    貴重品、装飾品(盗難時のトラブル防止のため)
  • ⑧携帯電話

    原則的に院内での携帯電話の使用が禁止となっておりますのでお持ち帰りください。
  • ※病棟内の安全管理のため入院時や外出及び外泊からの帰院持などにご本人、またはご家族立ち会いのもとに所持品検査をせて頂きます。
  • ※全病棟において原則、おやつ類の管理はすべて病棟管理となります。小遣いの中から購入し、おやつの時間帯に配布しています。
  • ※退院が決まりましたら、荷物の整理をお願いします。退院日から2週間以上お引き取りがない場合は処分(有料:1回5,000円)の対象となる場合がございます。

桜花病棟にご入院される場合

桜花病棟では、ご家族からのおやつ等はお預かりしません。面会時にご家族が付き添いのもとに、差し入れなどを食べていただく分には問題ありませんが、面会終了後食べ残しなどはすべてお持ち帰りください。

入院時の手続きについて

保険証の提示

  • 初診時と入院時には必ず健康保険証を受付へご提示ください。
  • 後期高齢者医療保険証、原爆手帳、特定疾患受給証、減額認定証、福祉医療費受給者証、生活保護受給者証、などをお持ちの方は、保険証と合わせてご提示ください。
  • 毎月1回、保険証の確認をさせていただきます。
  • 入院中に保険証が変わった、または内容に変更があった場合は、必ず受付にお申し出ください。
  • 入院中に住所、保護者、連絡先など変更があった場合には、直ちに受付へご連絡ください。
  • 保険証の確認ができない場合は、自費でご請求させていただくことがございます。

入院時提出書類

  • 医療外代行業務についての約定書(一部必要でない方もいらっしゃいます)
  • 入院誓約書
  • 寝具貸与書
  • 入院申込書
  • 身元引受書兼診療費等支払保証書
  • ※入院形態(任意入院、医療保護入院、措置入院)によって署名や捺印が必要となりますので、印鑑をご持参下さい。入院手続きの詳細につきましては、ソーシャルワーカー(精神保健福祉士)よりご説明いたします。

面会のご案内

【面会時間】

午前10:00 ~ 午後16:00

  • ※トラブル防止のために以下のものは病棟内に持ち込めません。
    生もの、もち類、酒類、刃物・・陶器類、薬品類、火器(ライター、マッチなど)
  • ※飲食物の持ち込みについては、必ず病棟スタッフにおたずねください

    面会時における飲食物トラブル(食中毒含む)の責任は、当院では負いかねます。

    飲食物の持ち込みは、その数量を調節さえていただきます。特に糖尿病・消化器疾患を併発されている患者さんはスタッフへおたずねください

  • ※症状により、現金の取扱い方法が異なります。詳しくはスタッフにお尋ねください。
  • ※面会者の危険物の持ち込み、飲酒されてのご面会は固くお断りしています。